ほくろのある部分の脱毛にあたって

見立てレーザー仕法や閃光仕法といった脱毛方法では、ほくろがある部分は執刀NGとなります。
その理由は、痛苦の強さにあります。
見立てレーザー仕法や閃光方式の脱毛は、レーザー又は閃光をムダ毛部分に照射し、毛根に熱情のダメージを与えて髪の毛女房細胞を焼き切ることによりムダ毛を処理するという仕組みです。
レーザーと閃光は体毛におけるメラニン色素という黒い色素にフィードバックしてこのようなプラスをします。
メラニンは体毛だけではなく素肌にも存在していますが、既存邦人の日焼けをしていないスキンには、レーザーって閃光が反応するほど多くのメラニンは含まれていません。
そのため普通はスキンにあても熱情の失望はムダ毛がある部分にしか伝わらないのですが、ほくろには体毛と同じほど大量のメラニンが存在している結果、ほくろに照射するといったその部分にプラスが及び、熱情による力強い痛苦が生じてしまう。
ひどい場合は火傷やただれが起こる結果、そうしたシチュエーションを遠ざけるために脱毛時はほくろ部位を肌色のテープで隠して執刀が行われます。